Admin   Newentry   Upload   Allarchives

燃えよムチ

馬を見る目はありますが人を見る目はありません

最近の記事

AJCC_2020予想 

前から思うけどAJCCは競馬やってる人間なら一発で意味分かるけど
ブログのタイトルに入れるとすると下記の方が良いんだと思う。
アメリカジョッキークラブカップ_2020予想
だって4文字だし略称としては3文字多いしね(?
で、たいてい日本だと4文字略語だとなぜかジャックスとか無理に発音し・・・
いやよく考えたらジャックスは別に略してないし5文字か。
あーあれだJAXAと勘違いしてるんだな、
だから普通の一般人からするとAJCCを無理にアッツとかアジャッとか
(何をバカな事を)

なお東海ステークスはパス
インティが逃げれるパターンと逃げれなかったパターンの
二通りで考え始めたら不確定要素があって3通りになったから

中山11R
AJCC
◎ラストドラフト
○ミッキースワロー
▲ブラストワンピース
△ステイフーリッシュ

動きのよさそうな馬
サトノクロニクル>ウラヌス、ニシノ、ラスト

一週前
ウラヌスチャーム、ラスト、ニシノデイジー
ブラストワンピース、サトノクロニクル

長期休養明けのサトノクロニクルが一番精力的に動いているし
恐らくだが馬体増と思われる。半年開けとかなら買いたいレベル。
なおグローブシアターもほぼ1年ぶりとなるが、放牧→外厩→栗東
なんだろうけど厩舎が厩舎なのであまり強く追われていない。
定石でいうと手を出しづらいか。

本命には別定55キロとなるラストドラフト
明け4歳の斤量差は常に注意すべきで、例年明け4歳が活躍するのも
おのずと分かろうというもの。同馬は京成杯での鮮やかなレースを
思い浮かべてしまうと先行押切りだが、弥生賞で大敗後は中段よりも
後ろで競馬をしており前走はハンデ戦とはいえ古馬混合重賞2着。
ノヴェリストの評価を上げるとともに桜花賞馬を母に持つ良血が本格化か。
二週前からマーフィーを乗せ当週は調教師自らが本追い切り。
GI馬がいるレースだがもっとも注視したい馬だ。
前は早くはならない事と内枠は有利、ただし馬場悪化気味で差しを狙いたい。
相手本線にミッキスワロー
重賞2勝は威張れるメンバー構成で本来であれば本命にしたい。
ただし雨が少し残るような馬場は少し不安。前走比で2.5キロ軽くなる点、
前の主戦に手が戻る点など買い要素も高いのだが・・・。
単穴に下げたが一昨年前の有馬記念馬ブラストワンピース
実績断然で中山重賞勝ちがある現役でも屈指の馬だが使う脚のタイプが
そもそも小回りが合うのかどうか?札幌記念は勝てば凱旋門騎乗とのことで
鞍上川田が渾身の差しを決めたが、正直そうそう上手くは決まらないとみる。
また次走以降どこへ向かうか知らないが賞金持ちの上位馬だけに
あまり作り込まないし馬体増も気になるし押さえが妥当か。
あとはステイフーリッシュ
前年は金杯から京都記念へ駒を進め今年はチャレンジCからの転戦となる。
仮に去年出てきていれば人気の一角だったろうし今年も順当なら勝ち負けなはず。
鞍上強化なわけだが現時点で4番人気、不安要素も多いのだろうか?

また、このレースには前年クラシック世代の物差し馬たるニシノデイジーがでており
古馬との力さを図る一つの指針になるか、ここも興味があるが
西の若駒Sのラインベックが去年のデイジーと状況が似てて不安。ただまぁ
高木と友道厩舎だとポテンシャルが全然違うので物差しじゃ収まらないかもなぁ

【パドック理論・追い切り重視】
ブログランキングに参加しています
にほんブログ村 競馬ブログ 馬体・パドック理論へにほんブログ村 競馬ブログ 追い切り重視へ

最強競馬ブログランキングへ
ポチっと押してね! ☆(ゝω・)vキャピ

Category: 競馬予想

TB: 0  /  CM: 0

top △

日経新春杯_2020予想 

年末年始といろいろ作業がありブログ更新が絶えていたが
まぁ日記帳なので別に良いよね。
というか競馬自体は楽しいけど今年のどこかからになるが
もしかしたら競馬と少し距離を置くかもしれない。
理由は二つ
一つはダンスインザダークが死んでしまったので区切りが付いたのと
昨年の11月頃にnetkeibaのレース情報が新しくなり目がめっちゃ疲れるから。
まぁ競馬自体は一生楽しんで買えればいいとは思っているし
日記帳たるブログも続けたいとは思ってる。
正直JRA-VANでもいいんだが、10年以上netkeibaの情報で予想してたので
今の予想力というか競馬の収支を維持できるかすごい不安。
また後日、この話については書きたいと思う。
なお19日の京成杯に関しては予想はパスさせてもらう。

京都11R
日経新春杯
◎タイセイトレイル
○アフリカンゴールド
△マスターコード
△レッドレオン

動きが良さそうな馬
スズカディープ、タイセイトレイル>
アフリカンゴールド、エーティーラッセン>ロードヴァンドール

一週前
アフリカンゴールド、ロードヴァンドール
レッドジェニアル、スズカディープ

暖冬とはいえ激寒期は栗東も美浦も調教時計を落とす馬が多いが
そんな中でもバリバリ動いているのは適性もあるが体調の良さだと思う。
本命にはタイセイトレイル
世の中にはハンデ戦に強い馬というのがいて同馬がそれにあたる。
斤量の恩恵を貰った時は強者に迫り、ハンデが重い時も力は出すタイプ
そして勝ち味が薄い面もあり晩成でやっと一線級に近づいてきた。
アル杯は上がり勝負で善戦したが、本来はパワータイプの好位先行馬で
今の京都24は非常に好条件にみえる。
相手本線にアフリカンゴールド
前年同レースで大敗を喫しており不安もある。だが昨年去勢されており
気性面での成長もありアル杯3着、同レースには日経新春杯で2着になった
ルックトウワイスも上位に来ておりコースや馬場は明らかに違うが
ハンデ戦のなかでの力差は近いものがあるのかもしれない。
恐らく今回は2頭ほど行きたい馬はいるが、それほど速くなるとも思えず
また馬場荒れのせいで直線でバラけやすい事も考え好位も取りやすい気がする。
動き絶好で外枠を克服してほしい。
あとはマスターコード、タイセイと似たタイプでハンデ戦を味方にし
パワーが居る馬場での差し脚が確か。キレキッレの馬場よりは向く。
ただし動きはあまりよくない。
レッドレオンは押さえ。あまり順調に使えないが勝負根性が高い。

【パドック理論・追い切り重視】
ブログランキングに参加しています
にほんブログ村 競馬ブログ 馬体・パドック理論へにほんブログ村 競馬ブログ 追い切り重視へ

最強競馬ブログランキングへ
ポチっと押してね! ☆(ゝω・)vキャピ

Category: 競馬予想

TB: 0  /  CM: 0

top △

有馬記念_2019 

一応ホープフルも東京大賞典も買うつもりではいるけど
毎年そうなんだが年度末で体にガタがきてるのか
度々調子悪くなるんで、今年もどこぞでぶっ倒れてるかもしれない。
多いのは偏頭痛。あとインフルエンザじゃない風邪みたいなの、とか
だから年内の更新はこれが最後になるかも・・・
よいお年を~

まぁ年末か年始のどっちかでまず一回は寝込む。

中山11R
有馬記念
◎アーモンドアイ
○サートゥルナーリア
▲キセキ
△リスグラシュー
△ヴェロックス
×フィエールマン

動きのよさそうな馬
サートゥルナーリア、リスグラシュー
>ヴェロックス、キセキ、スティッフェリオ
>スカーレットカラー、フィエールマン、シュヴァルグラン
>エタリオウ

一週前
アーモンドアイ、キセキ、リスグラシュー、アルアイン
ワールドプレミア、フィエールマン、スワーヴリチャード
アエロリット

基本的には牡馬は当週、牝馬は一週前が大事
牝馬のリスグラシューが二週連続好時計、今週は坂路で追走状態から
コーナーを回った直線の坂で交わしつつ抜け出す理想的な調教。
昔コスモサンビームが朝日杯前にしたような、またグランプリボスが
同じく朝日杯前にやった追切もこんな風だった。
後者はリスグラと同じ調教師だし対”中山”用の追い切りなのだと思う。
ただし両方とも牡馬で牝馬が当週にこんな追切りでいいのかと疑問

アーモンドアイに関しては霧が濃く時計が不明だが一週前よりも遅いが
終い重点で良い動きに見える。ただ、なにぶん映像も直線だけなので。
動きだけで言うとキセキとヴェロックス。付け足すならサートゥか。
なお何頭か一週前追切りが木曜追い切りなのだが、大一番を考えると
水曜に走っていてほしかった。

本命にアーモンドアイ
正直アーモンドアイが勝つ可能性は半分も無いのではないかと思っていたが
動きをみるに隙が無いようにも思える。ただし中山というコースと2500m
土曜はスロー傾向の展開が多かったが、例年よりは馬場は悪くないようにみえる。
アエロリットやクロコスミア、ステッフェリオとマイル~中距離で行こうと思えば
行ける馬もいるしある程度はバラけるしキセキも先行力を生かすのであれば
スローや団子状態も考えにくい。
展開的に真ん中よりの枠で立ち回りも上手いし中山も苦にしないかもしれない。
ただし4歳馬は取りこぼしも多いので連軸といった感じ。
データ的には3歳か5歳の方が勝ちやすい。
対抗にはサートゥルナーリア
ダービーも秋天も負けるべくして負けたなぁという感じ
本命を打ったが気性が最大の敗因だとは思うが、そもそもホープフルの頃から
上り比べがキツイ可能性を考えており、皐月はよく対応したなという印象
神戸新聞杯は再現が難しい特殊なレースであり、
現状は中山や阪神・京都の内回りみたいなのが向いていると思える。
というか、願望も込めてそうであって欲しい。
動きに関しては二週前に好時計、一週前は軽く当週は終い重点
前回とも前々回とも違うので工夫してきたとみえる。
単穴にキセキ
正直、川田で再度狙ってほしかったが鞍上はムーア。前年の王道GI3連戦を戦い
今年の春は2戦して海外。パンクが恐かったが改めてタフさを感じる。
今回は戻してから順調のようで3週連続CWで好時計。菊から勝ち星が遠のいて
いるが常に力を出せる馬であり期待したい。
昨年は連戦でお釣りが無かったが、今年は違う。

一応逆転候補は2頭だが可能性でリスグラシューとヴェロックス
前者は豪州で小回りと言えるコックスで、かなり強引に差し切っており
宝塚の急加速をみても能力は抜けている。体調も万全なようだし
中山の坂を味方にできれば。後者は3歳世代のTOP3の一角だったが
無冠ではあるが、こういう馬が有馬で来ることは珍しくない。
データ的にも後押しが多く馬券的にも面白いと思う。
ただし外枠自体は減点。
一応フィエールマンにも印を打っておきたい。
春天と菊花賞馬は有馬も好走するのが今までの競馬界なので。

【パドック理論・追い切り重視】
ブログランキングに参加しています
にほんブログ村 競馬ブログ 馬体・パドック理論へにほんブログ村 競馬ブログ 追い切り重視へ

最強競馬ブログランキングへ
ポチっと押してね! ☆(ゝω・)vキャピ

Category: 競馬予想

TB: 0  /  CM: 0

top △

阪神ジュベナイルフィリーズ_2019 

今日の関西2場は酷かった
未勝利戦と条件戦はいいとして、ハンデ戦からメインが特に酷い
単純に3場に分かれたことでペースをきちんと見れる騎手が
分散するはずが変な偏りをしたという感じ
中京のレースで大きく崩れたのは恐らくこれのせい
阪神メインの前半の刻み方も人気先行馬三頭が大外で
内側の馬たちが一気に出足を稼いだが為だろう
幸いエリカ賞ほか条件戦を主軸にしてたので被害は軽微だが
2歳牝馬重賞となると怖さ倍増だ

阪神11R
阪神ジュベナイルフィリーズ
◎レシステンシア
○クラヴァシュドール
▲リアアメリア
△ウーマンズハート

動きのよさそうな馬
レシステンシア>ウーマンズハート>ヤマカツマーメイド
マルターズディオサ、クラヴァシュドール
なおMディオサはポリトラック追い
一週前
リアアメリア、レシステンシア、ウーマンズハート
オータムレッド、マルターズディオサ、エレナアヴァンティ

牝馬の追切りとしてはレシステシアがほぼ理想
一週前に全体一杯で終いも良く、当週は軽めで終いも良し
2歳でこれだけ動くと短距離やダート適性も考えれるが状態としては
非常に良しといえる。見た目だとクラヴァシュドールが良い。
正直リアアメリアに関しては、テンションを考慮しているとはいえなんとも。

本命にはレシステシア
展開的には武か大外の岩田あたりがハナかと思うが
ファンタジー組の持ち時計が優秀なのと距離延長でそれほど
速くいくとは思えず、レシステシア向きな競馬になりそう。
というのもリアアメリアは十中八九、出遅れしたうえ口を割って嫌々するので
マークするにしても中段あたりで様子をみるしかない。
クラヴァシュドール藤岡は前走前の馬のに競りかけてから負けており
出来るだけ仕掛けを遅らす可能性が高い。
位置的に非常に気になる存在で意識は後ろに行かざるを得ないだろう。
ビュイックは関東圏で乗っているが前回の京都でもそうだが阪神も不安。
遅かったら北村は行ってもいいと思う。
母は2200mのGI勝ちで、今日の馬場を見る限りは内枠はまだ状態が良い。
相手にクラヴァシュドール
阪神開幕と時計のばかっぱやい東京開幕2つを上りの速い展開で走って
末脚の良さは恐らく世代でもTOPクラスだろう。阪神外回りも向いているし
一番勝つ可能性があるのかもしれない。
単穴まで下げたリアアメリア
新馬・東京重賞とパフォーマンスは桁違いで凄いのは間違いない。
ただし2戦とも意図的に出遅れてもなお口を割って嫌々で途中まで走っており
折り合うという気配がない。正直、2歳GIならこれでも後方一機で
差し切れるかもしれないが頭数が多い分どうしてもロスも増えていく
折り合えれば圧勝もあると思うが9割がた抑えきれないだろうし
買っていいか分からない。
ウーマンズハートを抑えているが上り3Fは優秀だが全体時計は
別段速い訳でもなくマルターズディオサの方が持ち時計はうえ
坂のを考えると後者の方が良いが輸送やら厩舎を考えると前者か

正直、人気馬3頭の期待値だけで買って当たったら楽しいレースだと思う。
ただし不安点がいっぱいあるんでマイナス展開も考えるべきだろう

【パドック理論・追い切り重視】
ブログランキングに参加しています
にほんブログ村 競馬ブログ 馬体・パドック理論へにほんブログ村 競馬ブログ 追い切り重視へ

最強競馬ブログランキングへ
ポチっと押してね! ☆(ゝω・)vキャピ

Category: 競馬予想

TB: 0  /  CM: 0

top △

チャンピオンズカップ_2019予想 

先週のJCは気乗りしなかったが
今週はダートの頂上決戦(東京大賞典があるけど)だ!
まぁ早い話が面白そうだなって

中京11R
チャンピオンズC
◎ゴールドドリーム
○オメガパフューム
▲サトノティターン
△チョウワウィザード

動きがよさそうな馬
ゴールドドリーム>ロンドンタウン
>ヴェンジェンス、ワンダーリーデル
>オメガ>サトノティターン

一週前
ゴールドドリーム、ロンドンタウン
サトノティターン、チュウワウィザード
ミツバ、キングズガード、

動きだけならゴールドとロンドンってくらい2頭が動いてる
ただしJBC組は中3週と考えればそう単純ではないか

南部杯は明らかに叩き臭かったゴールドドリームから入りたい。
先週ガッツリ追切り当週も好時計を掲示
久しぶりににダート厩舎らしい仕上げっぷりに気合が入る。
当馬の場合、2週連続好時計が一つの目安というか状態を表し
馬体重も輸送前で542キロ、フェブラリー前よりはマシか?みたいな。
一応展開予想ではインティとロンドンあたりが行くだろうが
うっかり出が悪いと川田やデムーロが行ってしまう可能性も少しある。
というのもインティの調教があまりよくない
馬場が悪い時間帯もあったのかもしれないが、速い時は坂路51秒台
普通で52秒台遅くても53秒だった馬が54秒台、それも一杯で
終いは12.3秒なので一応及第点ともいえるが、出来自体は7割あるかないか。
展開自体は行ききれば楽になるかもしれないが・・・。
相手本線にオメガパフューム
作り自体は1年でだいぶ良くなったし前走JBCも勝ったか?と思わせた一戦。
昨年は掲示板が精いっぱいだったが動き良く鞍上強化
左回りに不安もあるが相手次第で走れる強さはここでも通用する。
あとは単穴にサトノティターン
酷い癖馬だったが春頃よりはかなりマシになってきたようで、ここ2戦は
テン乗りでも上手く走っている。ムーア騎乗で真っ直ぐ走ればGIでも・・・
チョウワに関してはオメガ同様動き自体は一週前を見る限りはOK
ただ川田ならある程度前々でという感じだが鞍上は一度乗っており
その時は後方から脚を余しており位置取りが読みにくい。
なお東海Sの様な流れならインティを今なら逆転できるように思える。

土曜は1年に1度のマラソンレースのステイヤーズSを見ていたが
なんだかんだで長距離戦は面白い
アルバートはやっぱ凄いわ、もっと長距離レースあればいいのに・・・

【パドック理論・追い切り重視】
ブログランキングに参加しています
にほんブログ村 競馬ブログ 馬体・パドック理論へにほんブログ村 競馬ブログ 追い切り重視へ

最強競馬ブログランキングへ
ポチっと押してね! ☆(ゝω・)vキャピ

Category: 競馬予想

TB: 0  /  CM: 0

top △

2020-02