金鯱賞_2019予想

中山牝馬Sは読み通り。人気している馬2頭を切って
展開も踏まえ中山巧者を4・5頭選ぶだけ
人気馬の切り捨て理由はいくつかあったが、事前に説明してもまず伝わらなかったと思う。
良くも悪くも引退する馬もいたりするハンデ戦、楽しめたので良しとしたい。

日曜は雨模様で先週の弥生賞のような雨足が早くなるのか
それとも降り出しても小雨程度で行けるのか、微妙な線
とりあえずパラつく程度の小雨で予想を組んでみる。

中京11R
金鯱賞
◎ダノンプレミアム
○ギベオン
▲エアウィンザー
△タニノフランケル

動きのよさそうな馬
リスグラシュー>ムイトオブリガード
>アルアイン、ギベオン、サトノワルキューレ

牝馬の当週好時計は好きではないがリスグラは毎回これくらい動く
中間を見る限りはダノンプレミアムは問題無いようにみえる。

1年前の弥生賞で同世代に完勝し
2冠確実かと言われたダノンプレミアムだが皐月までの中間で
調教がストップし皐月を回避しダービーにぶっつけ
ダービーの走りはやはり普通ではなかったとしか思えない。
秋は一旦は入厩し着実に追切本数をこなしていたが状態を考え放牧
そして今始動戦である。
追い切り時計、映像を見る限りは馬体は少し大きく見えるし
走りは以前よりもパワー感のあるように見れる。
正直、一戦「見」で買わないのもアリだと思うが、買いたいと思う。
予想どうのよりも期待度で。
正直重馬場適性は良くわからないがヤヤ重くらいまでは余裕でこなすと思う。
対抗にギベオン
金鯱賞が大阪杯の前哨戦になって3年目、まだ傾向が掴めていないが
左回り+2000mの連対率を重視したい。また鞍上はステルヴィオがいて
完全なテン乗りになるが、だからこそ展開的に先に動くし、そこを買いたい。
重適性に関しては不明
あとはエアウィンザーだが重馬場で連対があるが雨がどうでるか。
対抗にしなかったのはレースを見るに、どうも仕掛けでガシガシ動かす点
デムーロがグイグイ動かしてたのもあるが、武はそういう追いをしないので
新馬の頃に乗っていたが手が合わなかった可能性もある、のかと。
ただ中京は直線が長いし何とでもなる気もしないでもない。
あとはタニノフランケル
重適性があるという事と軽量だったとはいえ重賞3着・2着と勢いがある。
雨が降って足元を気にする馬も多くなれば開幕で前々で良ければ
残す可能性は十分あると思う。ダノン次第な気もするが。

ブログランキングに参加しています
人気ブログランキングへ
競馬ブログランキングへ

ポチっと押してね! ☆(ゝω・)vキャピ

弥生賞_2019予想 修正版

予想修正版。
ルメール乗り変わりと雨足が早いため

中山11R
弥生賞
◎ニシノデイジー
○ラストドラフト
△シュヴァルツリーゼ
△カントル
△ヴァンケドミンゴ
△メイショウテンゲン

昨日の時点で対抗にあげたサトノの印を下げる
権利取りが掛かるレースでの武ならばと思っていたが
前2走を見るに飛びが大きく一般的に湿った馬場は合わない。
中山適正に馬場適性も加わると不確定要素が不安
こう考えると動きの良い馬なら何とか絡む可能性ある
まずメイショウテンゲン
池添の主戦で古馬王路線を走った母を考えると底力のある可能性
また湿った馬場も経験しており外枠スタートなら
悪くなる内を走らない分プラス面もあるかもしれない
次にシュヴァルツリーゼ
新馬で強力な足を繰り出したが、血統背景からパワー型
そこまで馬場が悪くなるかは分からないがアドバンテージはあるか。
ヴァンケドミンゴは一週前の動きよく
他馬が苦にするほどは馬場は苦にしないと思う。

ラストの乗り変わりに関してはホームといえる田辺なら
残ってる騎手の中で悪くないと思う。
ただ吉田氏はすでにシュタルケを呼び寄せたので、仮に田辺が
ここで結果を出しても皐月に乗れるかは微妙な線か

ブログランキングに参加しています
人気ブログランキングへ
競馬ブログランキングへ

ポチっと押してね! ☆(ゝω・)vキャピ

弥生賞_2019予想

今日のオーシャンSはかなり簡単だった。
1月開幕とは言えカーバンクルの上位二頭がほぼ同条件で再戦
他馬とは出せる時計が明らかに違う。
斤量差が逆転するナックビーナスの方に分があると思ったが、
よく考えると2着GET率が高い馬。これは2着か、
先週の中山記念もそうだったが中山適正は大事でこれも五分五分
ほぼ一点でいいだろう。
割って入れる可能性は皆無。3着候補は前走コンマ3秒差のペイシャか
それともモズスーパーフレアを退けたことのある中山巧者ダイメイフジか、
連投で結果のある後者の方が3着だよねって

なんで3連買ってないかなぁ
モズは自分で飛ばして最後まで自分の競馬でツヨイの一言。
大野は読んでたんだろうけど正面から相手して相手の方が強いわ
3着のフジですら後続と1馬身で決定的な差って勝ち馬褒めるしかない。
ハイペースになりやすい中山と、コーナーの入り口が早く来る中京
高松宮記念は一つの試金石になると思う。

中山11R
弥生賞
◎ラストドラフト
○サトノラディウス
▲ニシノデイジー
△カントル

動きのよさそうな馬
なし
一週前
メイショウテンゲン、ヴァンケドミンゴ、ニシノデイジー

本命にはラストドラフト
京成杯の勝ち方だと正直そんなに奥があるとは見えなかったが
今回のメンバーだと中山2000m経験者として胸を張れるか。
あと鞍上は皐月騎乗馬がほぼ決まっており
それを踏まえて軸としたい。
対抗には権利取りに燃えるサトノラディウス。ここで負けてもいいが
権利取りの掛かる武はかなり「やる」
正直3着の可能性の方が高い気もするが馬券的には2番手にしたい。
ニシノデイジーは実績最上位でクラシック初戦の有力馬だが
正直ここより本番だろうし、位置取りやら仕掛けやら安全策を取ると思う。
その分の差は頭にいれておきたい。
この安全策の考え方は今日の川田ダノンファンタジーも同様だったと思う。
印的には4番手はカントル
東京の上がり競馬で勝ちあがってきてる点は認めるが、ここは中山
また雨で力の要る馬場になった時に距離がネックになるような気もする。

明日は降雨が予想されるが
ラストドラフトとニシノデイジーはパワー競馬も可能
サトノも3歳の早い時点で2400mを経験しており耐性は高いと思う。
中途半端にパラついたら一波乱あるかもしれない

ブログランキングに参加しています
人気ブログランキングへ
競馬ブログランキングへ

ポチっと押してね! ☆(ゝω・)vキャピ

中山記念_2019予想

先週のGIフェブラリーSだが、馬体重発表の時点で不安だったが
ゴールドは許容範囲まで絞れており、その代わりソアが輸送減り
後者はパドックの周回で遅れ、馬場入りも良くなく
展開どうのはあったと思うが酷い仕上げだった。
ただ競馬は予想段階で想定できることとパドックや返し馬まで
考えると実際のブレは出てくる。展開もそれだし
馬券的にはソアが消えて大外のデムも消せたので、まぁなんとか
ドバイへの壮行会レースな面もあるが、中山記念の予想に入りたい。

中山11R
中山記念
◎ディアドラ
○エポガドーロ
△ウインブライト
△スティルヴィオ

動きのよさそうな馬
ラッキーライラック>>
中間
ディアドラ、エポガドーロ、スティルヴィオ

ラッキーライラックが先週今週とかなりキツめ仕上げ
牝馬なのに、今週なんでこんなに一杯に追うの?という感じ
短距離ならば仕方ないが、掛かるかもしれないし、
もしや馬体が絞れてこないのか、とか不安がある。

このレースは中山適正が1にも2にも必要で、無いと最後これない。
絶対的な能力があればカバーできない事もないが
GIでもないここでガツガツに行くことはないので適性重視でいい。
適性的にはウインブライト、ディアドラ
スティルヴィオ、エポガドーロの四頭だろう。

本命にはディアドラ
3歳春秋に中山で好走経験があるが、小回りの差し
また東京のような直線でも差し込める脚がある。
2歳初期から考えると直線の長いコースよりも短い方の方が
力を発揮しやすい傾向にあるのもプッシュ材料だろう。
ドバイ遠征前は仕上げ度が問題になるが、このクラスだと
叩き台というよりは、8・9割仕上げで勝ち負けさせる傾向にある。
変な負け方だと遠征自体止めようかになり兼ねないし
時期的にそれは一頓挫では終わらず春を棒に振りかねないのと
結果的に作りこんで遠征した方が結果が出ているかであろう。
展開的にマルターズアポジーが平均以上で行くはずで
苦にするような展開は考えにくい。
相手本線に皐月賞馬エポガドーロ
皐月TR2着から本番1着、よくあるパターンであるが、適性がある。
また皐月賞の展開を見てもかなり前3頭が飛ばして、ほぼ番手のような
競馬で最後は突き抜けており、ミドル以上のペースなら力を出せる。
動きに関しては1月半ばからじっくり作りこまれ
藤原厩舎の経験と実績から考えると、力は出せるとみる。

残りの適性馬といえばウインブライトとスティルヴィオ
前者は金杯を勝ち去年と同じローテで連覇を狙う中山巧者
金杯は斤量を考えるとかなり強いが、かなり早くから手が動いていたし
去年の中山記念も手が早く動いており、そういう馬だとは思うのだが
見た目の上では中山巧者感がない。
過去に見た中山巧者、中山王者は展開とか追い出し関係なく
中山なら当たり前でしょって感じで走るというか仕掛けだけで坂を上る感じ
ガシガシ動かすのが松岡なのかもしれないけど適性差を感じる
スティルヴィオに関してはエポガに近い適性と能力を感じるが
手替わりを考えると使える脚の巾を把握するのに数戦は必要かも。
陣営から大阪杯までは鞍上が決まってるような話なので
本番がGIであるのであれば、ここで先に動けるかどうか・・・

今の馬場はスピードがまず必要でそれと例年よりも気持ちタフか。

阪急杯は難解なので印は打たないが
動きのよさそうな馬
レッツゴードンキ、ロジクライ>ミスターメロディ
>アドマイヤゴッド、ヒルノデイバロー、スマートオーディン
>ダイメイフジ、エントシャイデン

高松宮記念へ向けて仕上げ途中とはいえ
一線級の動きは極めて高く、普段の調教も良いので甲乙付けがたい

ブログランキングに参加しています
人気ブログランキングへ
競馬ブログランキングへ

ポチっと押してね! ☆(ゝω・)vキャピ

フェブラリーS_2019予想

先週の時点だと3頭で堅いと思っていたが
今週、データや追い切りを調べると不安が増えてきてる。
激寒気なので、馬場も含めギリギリまで考えるべきか

東京11R
フェブラリーステークス
◎インティ
○サンライズソア
▲ゴールドドリーム
△オメガパフューム
△ユラノト

動きのよさそうな馬
モーニン、サクセスエナジー、ユラノト>ノボバカラ
一週前+
ユラノト>ゴールドドリーム、サンライズソア

ダートマイルは基本バリバリ調教でパワー+スピードが求められる。
高いレベルで調教を消化したと言えるのはユラノト
及第点はゴールドドリームとサンライズソア

本命にはインティ
6連勝しているがほぼ圧勝で来ておりGIでの力比較が容易ではない。
前走の走破時計や使った足自体は、専門誌によるとチャンピオンズCの
ルヴァンスレーヴと変わらなく、それよりも質が高いと言われているが
メンバーが全然違うので単純比較は危険だと思う。
本来であれば前走でアンジュデジールで力差比較ができたのだが・・・
ここ何年か速いペースで流れており、今回も速いペースの可能性もあるが
まずサクセスエナジーがよほど発馬をしくじらなければ単騎逃げ
番手でインティ、その後ろにユラノト、サンライズソアあたりか
松山はフェブラリーで逃げたこともあるがイメージ的に時計がアテにしにくい。
番手の競馬で武がレースをコントロールする可能性の方が高い。
こう考えると初の東京D16でもそれほど問題はないのかもしれない。
相手どうのもあるが絡まれなければ対戦相手もどうもないから。
動きは及第点で自分の競馬ならそうおかしな事にはならないと思う。
相手本線にサンライズソア
ローテ、仕上がり、適性、突き抜けたものは無いが全部込みで条件は合う。
データ的にも後押し材料があり田辺騎手もフェブラリーに嫌な
イメージはないだろうし、気分的に前をとらえに行く競馬で楽か
よほどペースが上がらない限りは着は拾えるとみる。

あとは単穴のゴールドドリーム
週初めは本命または対抗予定だったが調教後で544キロ
前走、東京大賞典で良い感じで減っていたのは輸送減りだったとしても
また同じように減るかどうかは分からず、冬場のプラス体重は
そう簡単に絞れない。プラス10(輸送で-20)になったとしても
南部杯が重々しかったことは事実、また1年前に不振から
GIで復調し、そこから体重を絞ってフェブラリーで2着しているが
この時は両レースとも後手を踏んでいる。
その後も体重の変動があったがそれは調整の過程で仕方がない。
去年と似たように絞るにしても、無理があるような
馬自体の強さは認めるが歳を重ねるごとに絞りにくくなる馬は多く
仮に馬体重が前走比で+10程度で出来て来たとしても
輸送で-20と考えるべきで、これはこれで結構エグイ
レースは前の馬の競馬になりそうなだけに、不安要素では押しにくい。
実績を考慮し単穴までと考えたい。
あとはユラノトとオメガパフューム
前者は調整過程が良く前走の根岸Sもルメールの仕掛けも含めベスト
勝ち馬にはあっさり交わされたが、そこは東京D14の適性もあるだろう。
内々で進めれば展開的には向きそう
東京大賞典勝ち馬オメガは、走りを見るにスタミナ内包型
父スウェプトオーヴァーボードは良くわからないが母父Gアリュールの
血が濃く出てるのか。ステップ的に悪くないが
東京ダート16という条件替わりでは勢いのある4歳でも頭は考えにくい。
ここ一番のデムーロの剛腕は怖いがヒモ扱いで

ブログランキングに参加しています
人気ブログランキングへ
競馬ブログランキングへ

ポチっと押してね! ☆(ゝω・)vキャピ
プロフィール

御旗楯無

Author:御旗楯無
京都洛外在住
気弱な競馬オタである

カテゴリ
月別アーカイブ
1ポイント=1円 ハピタス
日々の生活にhappyをプラスする|ハピタス
FC2カウンター
BUFFALO テレビ録画   外付けハードディスク4TB
リンク
ブログランキング
にほんブログ村 競馬ブログへ にほんブログ村 競馬ブログ 馬体・パドック理論へ

広告
最新コメント
最新トラックバック
RSSリンクの表示