Admin   Newentry   Upload   Allarchives

燃えよムチ

馬を見る目はありますが人を見る目はありません

カテゴリー「競馬予想」の記事一覧

安田記念_2020予想 

鳴尾記念をみてから散髪に行って来たんだが
なんかドッと疲れたんで横になったらこんな時間。
で、1時頃から飯食って撮ってた映像みながら予想組んでるけど調子が悪い
なんていうか散髪屋の雰囲気が良くないというか
変な気でも出てんのか、毎回調子が悪くなってる気がする

東京11R
安田記念
◎アーモンドアイ
○ダノンプレミアム
△アドマイヤマーズ
△ダノンキングリー

動きのよさそうな馬
アドマイヤマーズ>ダノンプレミアム>ダノンスマッシュ
ペルシアンナイト、クルーガー
>ミスターメロディ、アーモンドアイ
一週前
アドマイヤマーズ(二週前も)、ダノンプレミアム
ペルシアンナイト(二週前も)、ヴァンドギャルド

動き的にはマーズが中間も含め相当良く見える。
仕上げ度でいうとダノンプレミアムも上昇度は高い。
Dスマッシュとセイウンコウセイは短距離馬っぽい仕上げで好感が持てるが
本来安田記念は中距離寄りの馬が強い舞台なので、どうなのか。
ダノンキングリーはラストは良いが併走馬と上手く併せれなかったあたり
ノームコアも含め不運だった印象。
インディはマイラーズCの時もそうだったが、坂路の終いで時計が掛かり始めてる
走りも小さく、いい意味でコンパクトになって無駄が無くなったともいえるが
正直あまり良くみえない。

本命にはアーモンドアイ
中2週は気にならないと言えば嘘になるが中1週なら気にするけど
正直、中2週でダメならそこまでの様な気もするし深く考えない。
気になる点で言えば展開と雨で馬場がどうなるか
力関係的には完全に抜けており、普通に考えれば負ける可能性は無い。
超の付く高速決着でも過去に対応できているし
かなり不利を受けた去年も際どい位置まで来ているのだ。
あと安田はなんだかんだで東京2000mとかで好走する中距離馬の独壇場
近年マイラーも来るにはくるが大前提でこれがある。
上記を踏まえ相手本線にダノンプレミアム
前年秋の天皇賞でアーモンドアイの2着。完全に力負けだが
あの時計で2着は十分。今回のメンバーでも抜きんでておりマイルCSでも
その能力の高さは証明済み。遠征帰りの不安は動きを見るにほぼない。
去年は勝ってはいけないマイラーズCからの臨戦で案の定大敗。
雨上がりの東京と言えば内枠絶対有利があるが
開催後半で微妙に差し競馬になる可能性もあるので一点買いは迷ってる。
単穴にするか紐にするか迷うが
雨で高速馬場にならないのであればアドマイヤマーズも十分考えられる
恐らく国内のマイル勢ではこれが今一番強いかと思う。
富士Sで負けたが斤量の計算上は古馬初対決で2・3着に居たわけで
あそこから香港を勝つのは相当強い。相手も揃ってたし。
今回の不安点は超高速馬場だったが、課題はこれくらいかと思われる。
動きも非常に良く見えるし普通なら本命にしたい。
ただし上でも書いたが安田は中距離型が強いし皐月でその差で負けた点を
考えるにここで一気に食えるとは思えない。
あとはダノンキングリーの取り捨て。戸崎が復帰に2週目で一応勝ったが
まだ若干慣らし運転気味な感じを拭えない。追い切りは及第点は出すが
どうも前走大阪杯で行ってしまった事で馬のリズムがちょっと不安。
陣営は前走の先行策に否定的だし今回も恐らく逃げたくない感じ
個人的な考えでは、逃げもできるぞという幅広い競馬の方が強みになるし
相手にもプレッシャーを掛けれる。まぁ毎日王冠でアエロとインディチャンプを
後方からなで斬りにしてるし、あの競馬ならアーモンドも食いかねない。
というかクラシック2・3着の馬が翌年マイラー化すると
相当強いんで人気になるけどGIはマイルCSまで待つことが多いんだよな

先週は3連一点でいけたが
今週はそこまで絞ることは出来ない感じ

【パドック理論・追い切り重視】
ブログランキングに参加しています
にほんブログ村 競馬ブログ 馬体・パドック理論へにほんブログ村 競馬ブログ 追い切り重視へ

最強競馬ブログランキングへ
ポチっと押してね! ☆(ゝω・)vキャピ

Category: 競馬予想

TB: 0  /  CM: 0

top △

日本ダービー_2020予想 

雨が降ればと当週は考えていたがどうも降らないなコレ

東京11R
日本ダービー
◎コントレイル
○サリオス
△ヴェルトライゼンデ
△ダーリントホール

動きのよさそうな馬
コルテジア>ディープボンド>コントレイル>
ガロアリーク、ダーリントホール
>サトノフラッグ、ブラックホール

一週前
コントレイル、サリオス、
ヴェルトライゼンデ(二週前も)、コルテジア(二週前も)
ヴァルコス、レクセランス
ダーリントンホール、ガロアリーク、

当週はコルテジア、コントレイルが目立っていたなという印象
中間だとヴェルトライゼンデが意欲的で古馬と併走をバリバリやって
流石に厩舎力の違いというか、血統的に期待度が高いと思われる。
過去に何度も書いたが、この時期に古馬のOPや準OP級と併せれるだけで
十分春のクラシックなら戦えるし、また伸びる時期でもある。

本命には1強ともいえるコントレイル
出世レース東京スポーツ杯2歳Sを完勝した時点で世代で完全に抜けており
あとは成長曲線を止まらせず変な癖を付けなければいいと言う感じで
ホープフルもほぼ追わずに完勝。この時点で前年のサートゥルナーリアに
劣らない評価が出ていたし自分もそう感じた。
皐月に関して気になったのは出足が悪く位置取りに行けなかった点
本来、皐月は位置取りが大事で大外から捲り気味に勝てたのは特筆すべきもの
ただし危うさもあったという感じ。が、今回は枠も内目で中間も良く、本軸としたい。
ただし去年のサートゥルナーリアほど圧倒的な力差はないと思う
(サートゥはダービーで致命的な出遅れと慌てて押し上げたのと展開が酷かった
相手本線にサリオス
サウジアラビアロイヤルカップと朝日杯で上記と同様決定的な力差を見せつけ
皐月でコントレイルと接戦、二強とも言われるが
コントレイルは走ったコースが全然違うので、やはり2強というのはどうか?と。
中間の仕上がりもよく、前年と違い鞍上も何度も調教に騎乗し手応えがある感じ
よほど大きなミスをしない限りはコントレイル以下よりは上に着そう。
あと同馬は距離が不安視されるが、朝日杯でハイペースで押し切っており
高速時計の今の東京の方が合う可能性が高いと思われる。

正直、去年の3強同様、今年も2強対その他の構図で間違いないと思う
上でも書いたが去年のダービーはイレギュラーな感じ。
津村ビターエンダーか田辺ウインがペースを作るにしろあまり速くはならないとみる。
内枠勢と前目に意識のある騎手、あとはコースロスをものともしない末脚持ちの戦い。
ただし今年は後者に該当する様な馬はいない。
上位二頭との力差を考えて、後方一機か大逃げを狙う騎手はいるかもしれないが・・・
一応想定通りにミドルくらいのペースで枠順通りの隊列を組めれば
ワーケアやヴェルトライゼンデは絶好位で直線半ばに居ると思われ
中間の動きからヴェルトライゼンデを3番手としたい。ただし印は逆転はなしなので
黒△にはせず、同じ紐に当週は我慢させる調教をしていたダーリントホールを加える

あとはパドック次第で他にも何頭か拾いたいと思うが
ダービーのパドックは例年、どの陣営も作りに作り込んでくるので目移りする。
今でも思い出すのはキングカメハメハとハーツクライとハイアーゲームで決まった年
ムキムキのキンカメにサンデーサイレンス産駒らしいハーツ
そして他馬とは1・2枚違うと思わせたハイアーゲームの馬体の良かったこと
パワー兼備で大きく見せ他よりもローテは詰まっていながら
引き締まった胸に、周回時の脚の運びがとても良くて
あの日のハイアーゲームの馬体の良さは今もそうそうお目に掛かれない。
ただしあれから15・16年、冷静に振り返ると
ローテが詰まっていたのとお天気が良くて発汗の感じもよかったり
いろいろ良く見せる条件下だったのかましれないし思いで補正かも?

【パドック理論・追い切り重視】
ブログランキングに参加しています
にほんブログ村 競馬ブログ 馬体・パドック理論へにほんブログ村 競馬ブログ 追い切り重視へ

最強競馬ブログランキングへ
ポチっと押してね! ☆(ゝω・)vキャピ

Category: 競馬予想

TB: 0  /  CM: 0

top △

ヴィクトリアマイル_2020 

一年前、ここでクロスコミアを買えていた。
自分は競馬で好不調時があるが、去年は春のGI前半戦をプラスで終え
ここも人気薄だろうと枠と乗り手と展開でクロスコミアだった。
アエロリットが行く展開って分かり易かったし
強い逃げ・先行馬というのは良い競馬に必要な要素だと思う。

東京11R
ヴィクトリアマイル
◎アーモンドアイ
○プリモシーン
△ラヴズオンリーユー
△ノームコア

動きのよさそうな馬
サウンドキアラ、セラピア>スカーレットカラー
アーモンドアイ>メジェールスー、ビーチサンバ、プリモシーン

一週前
スカーレットカラー、セラピア、ビーチサンバ
シャドウディーヴァ、アーモンドアイ、ラヴズオンリーユー

ラヴズとダノンとノームコアは土日に変則的に速い時計を消化。
通常は一週前の水木に本追い切りで当週は軽めが理想。
ただ最近は外厩でほぼ仕上げてきて
中間は軽め馬なりで時計を出して本番が定着気味な美浦の馬。
この辺だとプリモは帰厩後追い切りは2本だしどうなんだろうか?
サウンドキアラはガッチリ追って作る馬でアーモンドアイも
国枝にしては珍しく中間きっちり当週も時計を出すタイプで普段通り。
スカーレットカラーは理想的な仕上げに見えるが、本来はもっと分かり易く
一週前に本追い切り当週はぐっと落としてラスト1ハロンだけ、
みたいな感じで好調時は推移していた辺り前回あたりから変えたのか。

本命にはアーモンドアイで
有馬はヤバイ雰囲気があったし多くの人は絶対は無いと分かってたと思う。
反省するに体調よりも馬場と展開が完全に合わなかったのだと思う
特に開催後半の中山の荒れ馬場。あれは得意不得手が出やすいし。
まぁそれでも2・3着には来てほしかったが・・・。
展開的には直線で内伸びが発生している今日の東京ではあるが
道中不利なく進めばその差を割り引いても変に内へ入らなくてもいいと思う。
時計も速いことで紛れは少なくなると考える。
相手本線にプリモシーン
昨年同様ダービー卿からの臨戦だが、外厩で仕上げ追切り本数は2本。
動き自体は前年と差はない。今年のプラス材料は内枠と騎手
まず本レースはリピーターが多く東京マイル巧者がかなり優秀。
同馬は中京や新潟でも牡馬相手に好走しており左巧者で期待度は高い。
展開的には強力に引っ張るかは分からないがトロワとコントラチェックの逃げで
もしかしたら縦長もあるかもしれなく高速決着が濃厚。
遅くともミドルだろうし直線は内に行く馬も多く位置取りが勝負の決め手に。
恐いのは内枠の団子状態で前が壁、横には出せない状況で割れるかどうか。
そこまで考えるとやはり適性距離や左回り後者だと余裕がある馬という事になる。
牡馬と戦ってきた強みを見せてほしい。
あとは最内に入ったラヴズオンリーユー
動きは日曜追いで作り込んできたようだが遠征中止と中間の動きは
気持ちアーモンドアイに及ばないという感じだが追い切り自体は及第点か。
本来なら雨上がりの良馬場で最内枠となるとある程度先行できれば
勝ち負けすると思うが、マイルの高速競馬は一枚割り引くべきか
時計という点で言うと前年勝ち馬ノームコアが一番時計的信頼があるが
16番枠はマイナス材料で過去に外枠から好走した事もあるが
今日のような馬場では割引だろう。

【パドック理論・追い切り重視】
ブログランキングに参加しています
にほんブログ村 競馬ブログ 馬体・パドック理論へにほんブログ村 競馬ブログ 追い切り重視へ

最強競馬ブログランキングへ
ポチっと押してね! ☆(ゝω・)vキャピ

Category: 競馬予想

TB: 0  /  CM: 0

top △

NHKマイルカップ_2020予想 

雨の影響とかほぼないと見た方がいいのか・・・

東京11R
NHKマイルC
◎レシステンシア
○サクセッション
▲ルフトシュトローム


動きのよさそうな馬
なし

当週と一週前の動きを見て「買いたい」と思う馬がいない。
クラシックから間隔が短い事もあるが、クラシック前哨戦と
当レースのトライアルからならばもうちょい追い込めるはずなんだが
近年多い外厩で作り込んでるのか、ただ単に仕上げ度が低いのか
先週今週と美浦と栗東の馬場が悪かったのか・・・

動きで目立つ馬がおらず馬選びを悩む。一番間隔が短いうえに
何故か外厩に送ってすぐ戻したレシステンシアの方がマシな気がしてきている。
桜花賞からNHKへのローテは想定されていたようだが、重馬場だったせいで
体調を考えNFしがらきに送り出したが、恐らくだが
信楽判定でレースに使えるという事で速攻で戻したのではないか?
外厩全盛期とはいえ中3週で明らかに謎行動ではあるが、
まぁ経験値の浅い調教師なので社台に判定を任せたのは正解かもしれない。
鞍上変更もほぼ同時期でありバックアップ姿勢のプッシュ度を重視したい。
対抗にはサクセッション
本来は皐月賞に出れるにも限らずマイルGIへ直行する馬はちょくちょくいる。
スプリングS勝ち馬が皐月3着に好走しており4着馬は京都新聞杯3着
皐月賞折り返し組が東西のダービートライアルを制しており
この一連のローテの中にいる馬は高い評価で良いと思う。
ただし朝日杯ホープフルの2歳GIからの力関係が持続する状況自体は
世代の強さを考えると伸びしろの面で不安ではある。
一応書いておくと牝馬戦線はデアリングタクトが出てきた事とTRも見るに
世代の伸び自体はあるように思う。
サクセッションに関しては自在性のある馬で中山で捲り気味に足を使うタイプで
器用タイプであり脚を長く使える感じ。ただしビュッと切れる脚は無いかも。
動きは及第点だが押し材料というほどではない。
あとはルフトシュトローム
中山3戦3勝、如何にも東京マイルで買っちゃダメな雰囲気ではあるが
マイル戦のスロー、ミドル、ハイペースと経験し多頭数の重賞も経験しており
東京GIでも通用する素地はあるか。
動きに関しては良い方だと思うが発汗が少し気になったので馬場入りまで見たい

【パドック理論・追い切り重視】
ブログランキングに参加しています
にほんブログ村 競馬ブログ 馬体・パドック理論へにほんブログ村 競馬ブログ 追い切り重視へ

最強競馬ブログランキングへ
ポチっと押してね! ☆(ゝω・)vキャピ

Category: 競馬予想

TB: 0  /  CM: 0

top △

天皇賞 春_2020予想 @春天 

気温が下がって過ごしやすいが
昨日はマジで夏がもうそこまでキテルー!?って感じで
慌てて扇風機で凌いだというか(エアコン掃除しておくべきだった)
石油ファンヒーターがまだ片付いてないいので扇風機の横に・・・

ちなみにちょっと雨降りそうな気配だったけど降ってもパラっとかな

京都11R
天皇賞 春
◎フィエールマン
○ユーキャンスマイル
△キセキ
△シルヴァンジャー
△ダンビュライト
△ミッキー

動きのよさそうな馬
シルヴァンジャー>キセキ>フィエールマン
一週前
キセキ、シルヴァンジャー、ユーキャン
フィエールマン、エタリオウ

ユーキャンで当初行く予定だったが岩田の怪我で浜中へスイッチ
浜中は菊花賞勝ちのある昨年のダービージョッキーだが
復帰後パッとしない。小倉まで待てば本調子になるかもしれないが。
ということで間隔はあいたが中間順調なフィエールマンから入りたい。
長丁場で安定しており主戦に戻る。枠自体は気にはなるが・・・
相手にはユーキャン
阪神大賞典は完勝の部類で、キセキの出遅れで結構バタついた感じの
レースでよく完勝できたな、と。成長曲線はジワジワ上がっている?感じ
動き自体は長距離馬らしくあまりハデには動いてはいない。
あとはキセキの取り捨てが一番難しい。
まずテン乗りが合うか合わないかという点
鞍上は春天を何度も勝ってるがテン乗りというと流石に厳しい。
ただしキセキ自体は近走出遅れが激しいが、中長距離に適性が高く
動き自体は衰えた感じはないし、すべては気分次第か。
また4歳以降の好走条件がある程度の速度で運んだレースであり
ペースが落ち着きやすい同レースは???である。
アッサリ押し切ってもおかしく馬ではあるが紐くらいしか買えない
あとは一長一短
遠征も京都適性も無いが関東のステップで申し分のないミッキーに
休み明けだが動き絶好の京都巧者シルヴァンジャー
こちらも久々の京都巧者ダンビュライトは逃げもあるか?という

馬券的には二頭軸の三連で、と思っているが
フィエールマンかユーキャンどっちかが崩れる可能性も高く
そもそも毎年言われるキンカメ系がダメなら
ユーキャンもキセキもダンビュもどうなんだ?と
その可能性も考えた三連も買っておくべきなのかどうか・・・悩ましい

【パドック理論・追い切り重視】
ブログランキングに参加しています
にほんブログ村 競馬ブログ 馬体・パドック理論へにほんブログ村 競馬ブログ 追い切り重視へ

最強競馬ブログランキングへ
ポチっと押してね! ☆(ゝω・)vキャピ

Category: 競馬予想

TB: 0  /  CM: 0

top △

2020-08