Admin   Newentry   Upload   Allarchives

燃えよムチ

馬を見る目はありますが人を見る目はありません

2019年09月の記事一覧

ローズステークス_2019 

秋華賞の前哨戦ローズSに春の上位陣が揃うはずだったが、
桜花賞馬もオークス馬もいない。
そのわりにメンバー落ち感はないのはやはりダノンがいるお蔭か。

阪神11R
ローズステークス
◎ダノンファンタジー
○スイープセレリタス
▲ビーチサンバ
△シャドウディーヴァ
△シゲルピンクダイヤ

動きのよさそうな馬
メイショウショウブ、ダノンファンタジー>ウィクトーリア、シゲルピンクダイヤ
一週前
ビーチサンバ、 アルティマリガーレ
メイショウショウブ、ダノンファンタジー
シャドウディーヴァ、ウィクトーリア

メイショウショウブとダノンが当週も精力的な数字を掲示
牝馬の場合、直前であまりやりすぎるとテンションが不安になる。
距離適性的にマイルよりの馬はこういう仕上げでよく、中長距離だと
掛かる恐れがある。まぁ休み明けなので動きだけで言えばOKとしたい。
一週前の時点ではビーチサンバが理想的。
栗東入りした関東馬のウィクトーリアも調子は良さそう。

本命にはダノンファンタジー
紫苑Sを見る限りは春の上位陣と夏場を使ってきた馬の差はよく分からない。
正直、上半期の東京で高速馬場化していたので、それが判断しにくい最大理由。
なので桜花賞前後の力差を基準にしたい。
2歳女王ダノンから入りたい。チューリップ賞は完勝、桜花賞は勝ち馬の驚異的な
四角からの押し切りに追いすがったが結果垂れて4着。
恐らく仕掛けを遅らせれば2着は死守できたと思うが1番人気ゆえ追うしかなかった。
あのレースは勝ち馬のレースで力差は歴然、ダノンの評価は落としたくない。
距離は1800mに伸びるのでプラスマイナスは分からないが、今回のメンツでは
あまり飛ばす陣営が居ない様なのでそれほど気にする必要はない。
巻き返し濃厚とみる人が多く人気になってるし自分もそう思う。
相手に藤澤調教師が前哨戦に遠征させてきたスイープセレリタス
遅生まれだが2歳時にダノンチェイサーとタイム差なしの接戦をしており能力の
片鱗を見せている。スローからのあがり勝負の馬かと思っていたが、前走の新潟では
そこそこ速い流れを前目から差し切っており良い足を使う印象。
距離に関しては未知数だが陣営曰く折り合いに不安無しとの事なので1800mはOKか。
気になるのは夏の古馬混合条件戦なので番組により力差が結構あったように思うが、
その中では平均だと思うのであとは春の実績馬との力差だろう。

人気がないが春の実績馬としてはビーチサンバが怖い。この時期の牝馬の福永
といえば警戒が必要でこいつの選ぶ馬は秋華賞でも来る可能性が高い。
主戦なので当たり前と思うかもしれないが、継続騎乗は期待値も高いという感じ。
ただ今回はスローっぽいので後ろでずっと走ってるとキツイか。
オークス上位のウィクトーリアは栗東留学とかいう遠征方法がうまい小島厩舎
このまま秋華賞まで滞在なのと、賞金的にも余裕。
明らかに陣営は試走感だし輸送減りがあるようなら流すくらいの気持ちだった様
動き自体はいいが、積極的に勝ちにいくように思えない。
その点シャドウディーヴァは秋華賞はいいにしてもエリ女には賞金が足りないし
再度遠征をかけるにはリスクもあるし勝負度合いは高い気がする。
取り捨てで悩んだのはシゲルピンクダイヤ
桜花賞前後を考えると関西でも1・2番手に居たようにも思えるし、オークスは
血統的に無茶ぶりだったよう。一週前と当週でCW追い出し距離を意識した調教
展開無視で追い込める脚はあるが仕掛けミスも恐い。
春の実績馬ではここくらいまでか。
上り馬もいるにはいるが、減量騎手で勝ち上がってきた馬は定量出走となり
目に見えない部分で負担が増す。
スイープはその点からも買いやすい。
いずれにしろ今年は小粒感もあるが例年と同じくらいかと思う。

【パドック理論・追い切り重視】
ブログランキングに参加しています
にほんブログ村 競馬ブログ 馬体・パドック理論へにほんブログ村 競馬ブログ 追い切り重視へ

最強競馬ブログランキングへ
ポチっと押してね! ☆(ゝω・)vキャピ

Category: 競馬予想

TB: 0  /  CM: 0

top △

2019-09