Admin   Newentry   Upload   Allarchives

燃えよムチ

馬を見る目はありますが人を見る目はありません

皐月賞_2021予想 

先週の桜花賞はよくいえば順当
悪く言えば新興勢が少なくてクイーンC組はオークスでも有力。
といったところ
近年は牡馬もそうだが外厩制度のため2歳戦で頭角を現し
3歳クラシックロードは無理なローテでなく力を発揮しやすい感じ。
コロナもあって観客も騒がず紛れが減っているのも要因か

中山11R
皐月賞
◎ダノンザキッド
○ヴィクティファルス
▲ラーゴム

動きがよさそうな馬
ダノンザキッド、タイトルホルダー

一週前
アドマイヤハダル、.ヴィクティファルス、ヨーホーレイク
ダノンザキッド、ラーゴム、ディープモンスター
タイトルホルダー、グラティアス、レッドベルオーブ

最近多いのが一週前に作りこんで当週馬なりの微調性気味なやつ
以前は牝馬はこれが主流という感じだったが
最近は外厩制度全盛でこういうのがベターかつベストな感じ
ほんと、前は当週坂路とCWで7・8割は予想できたが
今は中間調教を見れないと予想に入るのが困難といえる。

本命には動き絶好のダノンザキッド
前哨戦のダノン+川田みたいな言われ方をするが安田厩舎は本番でも強い
確執があるといわれた師弟コンビだが前年の重賞制覇から悲願のGI制覇。
あの涙の奥には色んな感情があったと思われ、今年好調なのは
そういう色んなことを乗り越えた故なんだと思う。
陣営は弥生時点でダービーを意識した話をしており、通過点と思われた
一戦を取りこぼす形になったが通過点としては悪くない。
勝ちに行くことは可能だったが次とその次を見据えたと考えたい。
気になるのは馬場が回復するにせよ何処まで対応できるか?か。
同馬は暮れの荒れた中山を登っており、パワー勝負も可能だとみる。
相手本線にヴィクティファルス
2戦目で重賞挑戦。それも共同通信杯を選択する時点で陣営の期待値は
相当なもの。レースは後方から脚を使い中段から上がり勝負になり切れ負け。
勝ち馬との差は経験・位置取り・切れ味。トライアルスプリングSは重馬場で
後方からすすめ直線大外一機で重賞初制覇。
坂を苦にしなかったこと、重馬場でも自分の競馬が出来たこと
収穫は非常に大きく賞金上積みに成功。データ的に非常に魅力的な感じ
18-2000mの重賞2戦連対は力の証明といえる。
良馬場のスローの上がり勝負だと分が悪いが、そうはならないとみる

あとは対抗馬と同じく18-2000mの重賞連対でくるラーゴム
斎藤+北村友一といえば現役最強馬クロノジェネシスを要する最強タッグ
皐月賞はクラシックロードであり勝ち負けするのは基本GI馬を出せる陣営
外厩から戻し馬なり調整だとしても経験値の差は明瞭で
すでに2頭のGI馬を生み出しており、馬づくりが違う。
上記二頭と違い主要ステップでなく力差を感じるが仕上がりは良い。

【パドック理論・追い切り重視】
ブログランキングに参加しています
にほんブログ村 競馬ブログ 馬体・パドック理論へにほんブログ村 競馬ブログ 追い切り重視へ

最強競馬ブログランキングへ
ポチっと押してね! ☆(ゝω・)vキャピ
関連記事

Category: 競馬予想

TB: 0  /  CM: 0

top △

この記事に対するコメント

top △

コメントの投稿
Secret

top △

トラックバック
トラックバックURL
→https://moemuti.blog.fc2.com/tb.php/897-501618f2
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

top △

2021-05